私が医学部の予備校を選ぶ際に費用の面で気を付けたこと

幼いころから医者になるのが夢でした

幼いころから医者になるのが夢でした / 予備校選びで費用の面で気をつけたこと / 完全な学習環境やサポート体制かどうかを優先

私は幼いころから医者になりたいという夢がありました。
幼いころに大きな病気にかかり1年にわたり入院し、その際に私に接してくれた医者が忘れられずに、私もこのような医者になりたいという思いがあったからです。
私の両親ももちろん私が医者になりたいというと応援してくれました。
医学部に入るにはやはり予備校に通わなければ合格は難しいだろうと思い、学校に通うことになりました。
しかし医学部の予備校は費用が高いというのが一般的なイメージだったので、費用の面についてたくさん調べたところ、中には比較的手ごろな学費の学校もあることがわかりました。
その多くは選抜試験に合格した選抜メンバーになる必要がありますが、基本料金が非常にリーズナブルな学校もあり、両親にかけてしまう経済的な負担を抑えることもできるだろうと思いました。
必要な指導を適切な環境の下で受けられるかむかどうかで選ばなければならないと感じました。
医学部予備校を費用で選ぶ際に、まず一つの手段として特待制度を活用するということがあげられました。
多くの学校では特待制度を実施していて、体制に選ばれることにより費用が大幅に抑えられるということでした。
一般的には前年度の医学部入試で一次試験までは合格した生徒や、大手予備校の模試で優れた偏差値をあげた実績のある生徒、入学希望の医学の予備校における特待生試験に合格した生徒などが特待生になる条件ということでした。

医学部 予備校医学部受験予備校メディカルラボ